それはとても叶わないことで、心は戸惑い、
オルガンの音だけが耳もとを優しくすりぬけていった