別れのときの言葉はいつも中途半端で、
てのひらからこぼれおちるように宙をきる。