誰も、彼も、彼女も、あの子も、あの人も、自分も、誰一人、ただの一人も、
大切な言葉をとどめられずにここにいる。
誰もが胸に不安を抱えて、時に優しく、寂しく、時に限りなく傲慢になって、
だからこそ、一日一日は切実なんだと今ごろになって気付く。