ネオン

さよならのバスに乗って夜が光の尾をひいて走る
君の昨日が夕立の雨にかき消されてアスファルトに溶けだすころ
銀色に輝く花々が空を埋める