鎌倉にて、内藤礼



鎌倉にて『内藤礼―すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している』展を観ました。
2Fの展示室を仄暗くしてのインスタレーション「地上はどんなところだったか」が繊細でとても素敵でありました。

黄泉の国のような
羊水のなかのような
揺らぐ水のような
宇宙の片隅にひっそりと存在している空間のような
電飾の光はたましいのような
そんなイメージ

展示硝子に映る電飾の光が合わせ鏡のように対面の硝子にも映って、
連綿と続く感じが非常におぼろげで神話的な”場”の力を感じました。

鑑賞者それぞれ呟く言葉、感想は違えども、なにか共通の感覚と認識を生じさせる不思議な空間でした。