世界の片隅

futatu.jpg

久しぶりの日記更新。
ここ数週間は仕事から帰ったあと、夜中まで作品製作で引きこもり状態。
現在五つの作品を同時進行製作中。
作品を毎日、一日中作っていたいけれど、
そんなことしてたら食っていけないのはつらいところ。
コラージュのバランスに一喜一憂。
物体が徐々に錆びてゆく様子は実に神秘的。
僕は作品にいろんなものを張り付ける。枯れ葉であったり、錆びた釘であったり、砂粒であったり、貝殻であったり…。それらの色んな自然物を使うことで、僕は世界と繋がってるんじゃないかと感じられる。生きてることを実感するというか、ものをつくるって行為は根本的にはそういうことなんだと思う。自分がこの世界に存在しているっていうことの証明を、世界の片隅にほんの少しでも残しておきたいんだと思う。