いつもとかわらない景色
いつもとかわらない時間
子供のころのちいさな嘘と
君の横顔
手にしたものとなくしたもの
思い出せないこと
たくさんあって
ちょっと溜息

聞き覚えのある声が僕を呼び
古い街並みへと手招き 

俯いて歩く少年たち
君の笑顔に似てる黄色い花

心を溶かして
空を飲み干す雲の熱

街灯にぶら下がるコウモリの眠り
犬に飼われた飼い主たち

笑顔でしっぽを振る
半ズボンの少女

青い目をしたのらねこ
星の粒を集めて屋根の上

いつもとかわらない景色
いつもとかわらない時間
子供のころのちいさな嘘と
君の横顔

そんなふうに世界は回り
夢の続きは
僕と君のてのひらのなか